【自作PC】 AHCIドライバをWindows XPインストール後に組み込む方法に挑戦

Windows XPで「AHCIモード」を使うためには「AHCIドライバ」をインストールする必要があり、
通常の方法では、XPのインストール作業途中にFDDを使って組み込むか
AHCIドライバ的用済みインストールディスクを作らなければならないのですが、
今回は、XPインストール後に「AHCIドライバ」組み込みが出来る
フリーのツール「IDE→AHCI変更ツール」を使ってみたので簡単にメモ。

作業環境:
[OS]
Windows XP Professional SP2
[マザー]
ASUSTek E35M1-I DELUXE
[SSD]
CTFDDAC064MAG-1G1
ツール配布元:
IDE→AHCI変更ツール
http://www.mercury.sannet.ne.jp/moonsault/ahcitool/index.html

今回はOS( Windows XP Professional SP2 ) の新規インストールしてから作業してみます

サービスパックやドライバを当てずそのまま「IDE→AHCI変更ツール」を使ってみます。
今回はマザーボードに付属のCDからAHCIドライバを参照してOKボタン

「IDE→AHCI変更ツール」でAHCIドライバを参照

後は再起動でBIOS画面に行き、IDEモードからAHCIモードに変更して設定保存終了、
失敗も無く無事OSが起動しました。

再起動でBIOS画面に行き、IDEモードからAHCIモードに変更

毎回、AHCI関連の作業で散々苦労しているのに
今回は初のAMD対応マザーでの作業なので数日潰しかねなかったのですが、
「IDE→AHCI変更ツール」を使った作業だと、
IDEモードでインストールしたWindows XP でも後からAHCIドライバを組み込めるので
作業も短時間になって大分楽でした。



[ 2012/07/09 18:53 ] 自作PC | TB(0) | CM(0)
SPONSORED LINK
人気ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8cmp.blog.fc2.com/tb.php/12-626bd04d

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
▲ページトップ