【自作PC】 XPで使うSSDのアライメント調整にWindows 8 を使う方法

Windows XPのパーティションのアライメント調整
ダウンロードで入手できる Windows 8 Release Preview (プレリリース版) を使ってみたので方法メモ。

今現在は公式で Release Preview のダウンロードは終了しいるようですが
記事はこのまま残しておこうと思います。


Windows 7 パソコンを使った方法はこちら
【自作PC】 XPで使うHDD/SSDのアライメント調整にWindows 7パソコンを使う方法

(注)
この方法はSSDをWindows 8でフォーマットしてWindows XPを新規インストールをします、
作業を行う前にデータのバックアップをしておいてください。


▼目次

SSDとWindows XP、Windows 8 Release Previewインストールディスク

SSDなのになんか速度出ないなと思っていたら
パーティションアライメント調整をしていませんでした・・・。
よく分からないのですがXPでSSDを使う場合これやっておかないと本領発揮しないそうです、
そんなわけでアライメント調整に挑戦してみる事に、

一番簡単そうな方法にWindows 7を使う方法があったのですが
持ってない場合も考えて他の方法も・・・と思ったら
複雑な方法が多く、自分に出来そうな方法が見つけられずもう諦めかけてたのですが
Windows 7で出来るならWindows 8でも出来るかも?と閃いて
色々頑張ったら成功したので方法を今回メモしてみました。

2012年8月現在ならまだWindows 8 Release Preview(プレリリース版)がダウンロードで手に入るので
期間限定ですがこの方法ならISOをDVDに焼ければ後はそんな難しい知識も要らないので
試しやすい方法だと思います。


1. Windows XP の「パーティション開始オフセット」の確認と方法

XPで使っているSSDがアライメント調整が必要なのかどうか、
システムツール「システム情報」の [ディスク] で
XPの入ったパーティションの 「パーティション開始オフセット」 の値で確認できます。

「パーティション開始オフセット」の詳しい確認方法はこちら
【自作PC】 「パーティション開始オフセット」の確認方法

XPシステム情報_32,256バイト

XPの入ったパーティション(この場合パーティション#0)の 「パーティション開始オフセット」 の値が"32,256バイト" (または4096で割り切れない値) の場合、
アライメント調整が必要です。


2. Windows 8 (プレリリース版など)の用意

2012年8月現在だとまだプレリリース版のWindows 8のISOイメージが手に入るので
マイクロソフトからダウンロードしてください、
ダウンロード場所に「プロダクト キー」もあるので忘れずにメモ。

Windows 8 Release Preview ISO イメージ
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/download

後はダウンロードしたISOイメージを
DVD または USBフラッシュドライブのようなインストールメディアに変換してください。
【フリーソフト使用】 ライティングソフト『ディスクメディエーター呉葉』を使ってみた


▽画像と解説

各言語から日本語をクリックするとダウンロードに
64ビット(x64)と32ビット(x86)の2種類のisoファイルがあります。

フォーマットに使うだけなので容量の少ない32ビットをダウンロードした方が短い時間で済みます。
また、直ぐ下に「プロダクト キー」もあるので忘れずにメモ。

Windows 8 Release Preview のダウンロード

3. フォーマット作業を始める前にトラブルを避けるための準備、設定

インストールメディアでフォーマット作業を始める前に
データのバックアップは必ずしておいてください。
これからする作業はSSDをWindows 8で丸々フォーマットしてWindows XPを新規インストールするので
保存されているデータは全て消えてしまいます。

その他に、USBメモリ、外付けHDDなどUSBに刺さっている機器、
拡張スロットに刺さったパーツ類等、作業に必要ないものはなるべく外しておく。

AHICドライバが統合されていないXPインストールディスクを使う場合、
マザーボードの設定はAHICモードではなくIDEモードにしておくなどです。


実際、自分もUSBメモリ刺しっぱなしや
AHICモードのままAHICドライバが統合されていないディスクを使って
エラーを起こしてしまいました。orz


また、確認はしていないのですが
Windows 8(プレリリース版など) のシステム要件を満たしていないと
インストールが始まらない、途中で止まる等があるかもしれないので注意。

・Windows 8 Release Preview のシステム要件の場合

  • プロセッサ: 1 GHz 以上
  • メイン メモリ: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット) 以上
  • ハード ディスクの空き領域: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) 以上
  • グラフィック カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)

4. Windows 8 でSSDをフォーマット

ここでは Windows 8 でフォーマットされた
Windows XP をインストールするパーティション(領域)を作ります。

あと、今回はトラブルを避けるため、
SSDをパーティション分けせず丸々Cドライブ(システムドライブ)にします。


▽画像と解説

・フォーマット作業に行くまでの手順

Windows 8 のインストールが始まると最初に 言語設定やキーボード設定をするので確認して次へ、

言語とその他の項目の入力画面

画面の真ん中にある [今すぐインストール(I)] をクリック、

今すぐインストール

プロダクトキーの入力、
プロダクトキーは Windows 8 のISOファイルをダウンロードする場所に書いてあります
Windows 8 (プレリリース版など)の用意

Windows 8 Release Preview のプロダクトキー入力画面

「ライセンス条項」の [同意します(A)] にチェックして次へ、

Windows 8 Release Preview のライセンス条項

インストールの種類は下の 「カスタム」 を選んでください、

インストールの種類選択画面

[ドライブ オプション (詳細)(A)] をクリック、

Windows インストール場所選択画面

[削除(D)]、[拡張(X)]、[フォーマット(F)]、[新規(E)]が表示されます、

操作ボタン説明
  • 削除(D):選択したパーティションの削除
  • 拡張(X):選択したパーティションを割り当てられてない空き領域分を自由に拡張
  • フォーマット(F):選択したパーティションをフォーマット
  • 新規(E):システムで予約済みの「パーティション1(350MB割り当て)」、
    Windows 8をインストールする「パーテション2(サイズ調整可能)」
    の2つを作成

・既存のパーティションの削除

まず始めに [新規(E)] でパーティションを2つ作成するのですが、
その前にもし、画像のようにSSD内に既にパーティションがある場合、
[削除(D)] で全てのパーティションを削除して空にします。

パーティションの削除

・パーティション2つを新規作成

ここからWindows XP をインストールするパーティションを作る作業に入ります、


SSD内が空の状態で [新規(E)] でパーティションのサイズを指定して [適用(P)] を押します、
するとメッセージが出るので [OK] をクリックでパーティションが2つ作成されます。

パーティション新規作成
警告表示

これでパーティションが2つ作成されます

パーティションが2つ作成

・Windows XP をインストールするパーティション作成

次に Windows XP をインストールするパーティションを作っていきます。


[新規(E)] で作った 「パーティション 2」 を削除、

「パーティション 2」を削除

↓ 警告が出ますが無視して [OK] をクリック

警告表示

「パーティション 2」 を削除したら
「パーティション 1」 を [拡張(X)] で Windows XP を入れても大丈夫な容量まで増やします、

「パーティション 1」を 拡張

そして、 「パーティション 1」 を [フォーマット(F)] 、

「パーティション 1」をフォーマット

警告が出ますが無視して [OK] をクリックして作業は終わりです。

フォーマットはこれで終わりなので次へ進まず
電源を落として(もしくはリセット等で)終了してください。

終了作業

5. Windows XP の新規インストール

Windows8 で SSD のフォーマットが終わったら
今度は Windows XP のインストールをすれば最後の作業は終わりです。

(注) BIOSで AHICモード にしたまま
AHICドライバが統合されていないインストールディスクを使うと
エラー(0x0000007Bなど) を起こすので注意


▽画像と解説

「Windows XP のセットアップを開始する」 なので Enterキー を押します、

Windows XP の「セットアップの開始」画面

「選択したパーティションに Windows XP のセットアップする」 ため Enterキー を押します、

パーティション選択画面

Windows 8 でフォーマットを終えてるので
「現在のファイル システムをそのまま使用(変更なし)」 を選択して Enterキー を押します、

フォーマット選択画面

↓ インストールが開始します

Windows XP インストール中

これで、Windows XP のインストールは終わりです。

コンピュータ セットアップ画面


最後に、XPをインストールしたパーティション(この場合パーティション#0)の
「パーティション開始オフセット」 の値が
"1,048,576バイト"(または4096で割り切れる値) になっていれば成功です。

「パーティション開始オフセット」 の値確認

「システム情報」 はショートカット win+R のあと
"msinfo32" ("は除く)を入力して呼び出してください。
Windows XP の「パーティション開始オフセット」の確認と方法


▽関連記事
【自作PC】 XPでのアライメント調整前後のSSDベンチマーク比較
【自作PC】 XPで使うHDD/SSDのアライメント調整にWindows 7パソコンを使う方法
【フリーソフト使用】 ライティングソフト『ディスクメディエーター呉葉』を使ってみた
【自作PC】 「パーティション開始オフセット」の確認方法
[ 2012/07/15 19:07 ] 自作PC | TB(0) | CM(0)
SPONSORED LINK
人気ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8cmp.blog.fc2.com/tb.php/15-46338f3c

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
▲ページトップ