【Windows XP】 一時ファイルの保存先「一時フォルダ(TEMP)」の場所移動方法

一時フォルダ(TEMP)内の一時ファイルは PCを長く使っていると不要なデータが溜まって行って
断片化やSSDだと空き容量の圧迫など色々厄介なので
XPで一時フォルダの場所を他のドライブなどに変更してみたので設定方法をメモ。

Windows 7 での方法はこちら→
【Windows 7】 一時ファイルの保存先「一時フォルダ(TEMP)」の場所移動方法


設定の流れ

  1. 一時ファイルを保存したい場所に一時フォルダ(「TEMP」フォルダ)を作成
  2. 「環境変数」ダイアログボックスを呼び出す(表示)
  3. 「ユーザー環境変数」の変数「TEMP」と「TMP」の削除
  4. 「システム環境変数」から変数「TEMP」と「TMP」を探す
  5. 変数「TEMP」の変数値(一時ファイルの保管場所)を作成した一時フォルダに設定
  6. 変数「TMP」の変数値(一時ファイルの保管場所)を作成した一時フォルダに設定
  7. 設定し終わったら再起動後に設定が反映される

変数値を元に戻したい場合はここを参考→
【Windows XP】 システム環境変数/ユーザー環境変数のデフォルト値一覧


  1. 一時フォルダ(「TEMP」フォルダ)の作成

    まず先に移動させたい場所にTEMPフォルダを作ります。

    ここでは説明で分かりやすいようにEドライブに「TEMP」フォルダを作ってみます、

    TEMPフォルダ作成

    後で一時ファイルの移動先を記入で指定するのですが、
    その時に記入ミスし易いので移動先のアドレスをコピーしてメモ帳に保存しておくと
    記入する時に貼り付ければいいだけなのでミスを防げます。
    今回、説明用に作った「TEMP」フォルダのアドレスは "E:¥TEMP" になります。

    アドレスのコピー
  2. 「環境変数」ダイアログボックスを呼び出す(表示)

    [スタート] の [マイ コンピュータ] を右クリック、
    メニューから [プロパティ(R)] を選択して「システムのプロパティ」を呼び出します。

    [マイ コンピュータ] を右クリックメニューから [プロパティ] を選択

    「システムのプロパティ」で [詳細設定] タグを選択し、
    [環境変数(N)] をクリックすると「環境変数」が呼び出されます。

    「システムのプロパティ」で [詳細設定] タグを選択し、[環境変数] をクリック
  3. 「ユーザー環境変数」の変数「TEMP」と「TMP」の削除

    「TEMP」フォルダにまとめる為、「ユーザー環境変数」の「TEMP」、「TMP」を削除します。

    「環境変数」の「(ユーザー名)のユーザー環境変数(U)」欄に並んでいる
    「TEMP」、「TMP」の2つを選択して削除。

    「ユーザー環境変数」の「TEMP」、「TMP」を削除
    「ユーザー環境変数」の「TEMP」、「TMP」の削除完了
  4. 「システム環境変数」から変数「TEMP」と「TMP」を探す

    「TEMP」、「TMP」を編集して、
    一時ファイルを「TEMP」フォルダに移動するよう設定します。

    「システム環境変数(S)」欄を下にずらして
    「TEMP」、「TMP」の2つを探します、

    「システム環境変数」欄を下へスクロール

    「TEMP」、「TMP」を見つけたらそれぞれ編集していきます。

    「TEMP」、「TMP」を見つける
  5. 変数「TEMP」の変数値の編集

    変数「TEMP」を選択して [編集(I)] ボタンをクリックすると「システム変数の編集」が呼び出されます、

    変数「TEMP」を選択して [編集] ボタンをクリック

    「システム変数の編集」の [変数値(V)] 欄の記述を書き換えで
    決めておいた一時ファイルの移動先を指定してします。

    ここでは前半で説明のために作った「TEMP」フォルダを移動先にするため
    [変数値(V)] 欄を "E:¥TEMP" と書き換えます。

    変数「TEMP」の変数値の編集

    変更したら [OK] をクリック、

    変数値は決めておいた一時ファイルの移動先を指定

    「TEMP」の「値」欄が "E:¥TEMP" になっていればOK。

    変数「TEMP」の「値」を確認
  6. 変数「TMP」の変数値の編集

    変数「TMP」を選択して [編集(I)] ボタンをクリックすると「システム変数の編集」が呼び出されます、

    変数「TMP」を選択して [編集] ボタンをクリック

    「システム変数の編集」の [変数値(V)] 欄の記述を書き換えで
    「TEMP」と同じ移動先を指定してします、

    この説明では "E:¥TEMP" にしています。

    変数「TMP」の変数値の編集

    変更したら [OK] をクリック、

    変数値は決めておいた一時ファイルの移動先を指定

    「TMP」の「値」欄が「TEMP」と同じになっていればOKです。

    ここの説明通り設定してた場合、値は "E:¥TEMP" になっています。

    変数「TMP」の「値」を確認
  7. 作業の終了

    「TEMP」、「TMP」の編集が終わったら [OK] をクリックで閉じていって設定は終わりです。

    設定は再起動後に反映されます。


    「TEMP」フォルダの様子

    「TEMP」フォルダの様子

[ 2012/07/24 12:36 ] Windows | TB(0) | CM(0)
SPONSORED LINK
人気ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8cmp.blog.fc2.com/tb.php/21-8a50de79

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
▲ページトップ