【Windows 7】 「レジストリエディター」の起動方法色々

レジストリエディター」の起動方法や本体の regedit.exe の置いてある場所など
自分用に色々メモ。

Windows XP でのレジストリエディタ起動方法はこちら→
【Windows XP】 「レジストリエディタ」の起動方法色々


▼目次

Windows7 レジストリエディター

「レジストリエディター」を起動させる際、
設定によっては「ユーザー アカウント制御」が出ますが
[はい] を選択して大丈夫です。

「レジストリエディター」起動時の警告

▼「プログラムとファイルの検索」からの起動

[スタート] メニューにある「プログラムとファイルの検索」ボックスに regedit と入力、
[Enter]キーで「レジストリエディター」が起動します。

プログラムとファイルの検索
「プログラムとファイルの検索」 regrdit

また、右クリックメニューの [ファイルの場所を開く(I)] で
「レジストリエディター」本体の置いてある場所が表示されます。

「ファイルの場所を開く」でregedit.exeの置き場所へ

▼「ファイル名を指定して実行」からの起動

ショートカットキー操作 [Windows]キー を押しながら [R]キー を押すと
「ファイル名を指定して実行」 ウィンドウが開くので
[名前(O)] ボックスに regedit と入力して [OK] をクリックで
「レジストリエディター」が起動します。

「ファイル名を指定して実行」で『regedit』

▼アドレスバーからの起動

フォルダなどのアドレスバーに
%systemroot%¥regedit と入力して[Enter]キーで
「レジストリエディター」が起動します。

アドレスバーにパスを入力

▼検索ボックスからの起動

システムドライブ(通常はCドライブ)の右上にある検索ボックスに
regedit と入力していくと検索が始まるので
検索が終わったら検索結果一覧から C:¥Windows と書かれている「regedit」を
ダブルクリックすると「レジストリエディター」が起動します。

検索ボックスに『regedit』を入力
「検索ボックス」 での『regedit.exe』の検索結果

▼「レジストリエディター」本体を直接起動

本体の regedit.exe が置いてある場所は通常
C:¥Windows 内です。
本体から直接起動したい時やショートカットを作りたい時などに

regedit.exeの置き場所
▽関連記事
【Windows XP】 「レジストリエディタ」の起動方法色々
[ 2012/10/05 06:00 ] Windows | TB(0) | CM(0)
SPONSORED LINK
人気ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8cmp.blog.fc2.com/tb.php/49-c765a604

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
▲ページトップ