【自作PC】 「パーティション開始オフセット」の確認方法

Windows XP でSSDやHDDのアライメント調整が必要かどうか、
パーティション開始オフセット」の確認方法をメモ。

▼目次

システム情報

▼「システム情報」の表示方法

「システム情報」の表示方法はまず、
ショートカットキー操作の [Windows]キー 押しながら [R]キー
「ファイル名を指定して実行」を表示させ、
[名前(O)] 欄に msinfo32 と入力して [OK] をクリックで表示されます。

msinfo32

「システム情報」の詳しい表示方法はこちらで解説
【Windows XP】 システム ツール「システム情報」の起動方法色々


▼「パーティション開始オフセット」の確認方法

「システム情報」で [コンポーネント]→[記憶域]→[ディスク] と辿って行きます。

「システム情報」説明
(1) モデル
ストレージデバイスの名前
(2) パーティション
値「ディスク #0」の「#0」部分は
認識しているストレージデバイスが複数あると「#0」以外に
#1、#2、#3とストレージごとに数字が割り振られていきます。
OSの入ったストレージが必ず「ディスク #0」でもないので注意。

もう片方の値「パーティション #0」の「#0」部分は
ストレージ内にパーティションを複数作成してあると
「#0」以外に#1、#2、#3とパーティションごとに数字が順番に割り振られていきます。
OSが入っているパーティションは大抵「パーティション #0」になってる事が多いです。
(3) パーティションサイズ
「パーティション #*」の容量
(4) パーティション開始オフセット
XPでフォーマットされたパーティションの「パーティション開始オフセット」の値は
通常 "32,256バイト" (もしくは 4096 で割り切れない値) になっています。

SSD や AFT(Advanced Format Technology)採用HDD はXPで使う時、
オフセット値が "1,048,576バイト" (または 4096 で割り切れる値) になっていないと
性能を発揮しきれない場合があり、アライメント調整が必要になってきます。

▽関連記事
【自作PC】 XPで使うSSDのアライメント調整にWindows 8 を使う方法
【自作PC】 XPで使うHDD/SSDのアライメント調整にWindows 7パソコンを使う方法

【Windows XP】 システム ツール「システム情報」の起動方法色々
[ 2012/10/26 14:32 ] 自作PC | TB(0) | CM(1)
SPONSORED LINK
人気ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8cmp.blog.fc2.com/tb.php/53-5d71b689

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/11/16 07:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
▲ページトップ