【フリーソフト使用】 USBメモリで起動する Ultimate Boot CD 作成

USBメモリで起動できる Ultimate Boot CD (UBCD)を
作ってみたので方法をメモ。

Ultimate Boot CD (UBCD)のダウンロード方法についてはこちら →
【フリーソフト使用】 Ultimate Boot CD のダウンロードとディスク作製


▼目次
  1. USBメモリの準備
  2. isoファイルの解凍
  3. 解凍で作成されたUBCDフォルダーの移動
  4. コマンドプロンプト(cmd)の操作
  5. 処理の実行

1. USBメモリの準備

使用するUSBメモリは今回の場合、
実容量が最低600MBぐらいあるのをパソコンに挿し、
中見を空にしておきます。

この時、USBメモリに割り当てられた
ドライブ文字(C:やD:とかの部分)を
後々入力すので覚えておきます。


2. isoファイルの解凍

UBCDはiso形式のファイルで配布されており、
isoファイルはZIP形式などの圧縮ファイルように
解凍することができます。

isoファイルを解凍できるソフトは
LhaForge、Explzh、7-Zip、WinRAR などがあります。

e63_01.png
e63_02.png

今回、isoファイルを解凍して
出来た時のUBCDフォルダーの名称が ubcd527 だったので
そのままの名前で記事を書いています。
ダウンロードした時期によって
フォルダー名が変わってくるので
UBCDフォルダー(この記事では ubcd527 )を
その時のフォルダー名に読み替えてください。


3.解凍で作成されたUBCDフォルダーの移動

isoファイルを解凍して出来たUBCDフォルダーを
Cドライブにまるごと移動します。

e63_03.png
e63_04.png

UBCDフォルダーはどこに置いてもいいのですが、
置いてある場所を後々入力する必要があるので
Cドライブにしておくと入力作業が楽になります。


4. コマンドプロンプト(cmd)の操作

コマンドプロンプトを操作して
起動用USBメモリ(ブータブルUSB)を作ります。

Cドライブに移動したUBCDフォルダー(この記事ではubcd527)を
ubcd527→ubcd→tools→win32→ubcd2usb
と辿って行き、ファイル ubcd2usb.cmd を実行すると
コマンドプロンプト(cmd)画面が表示されます。

e63_11.png
e63_12.png

次にコマンドプロンプトに半角で ubcd2usb と入力し、
続けてCドライブに置いたUBCDフォルダーの場所(パス)とそのフォルダー名、
刺しあてるUSBメモリに割り当てられたドライブ文字を
半角スペースで区切って下記のように入力していきます。

ubcd2usb (UBCDフォルダーの場所と名前) (USBメモリのドライブ文字):

(UBCDフォルダーの場所と名前) の場所には、
今回記事の中ではUBCDフォルダー( ubcd527 )をCドライブに置いているので
c:¥ubcd527 と入力、
(USBメモリのドライブ文字) の場所には、
USBメモリに割り当てられたドライブ文字は
e
を入力し、
後は半角スペースで区切ると下記のように入力することになります。

ubcd2usb c:¥ubcd527 e:

e63_13.png

UBCDフォルダーを置いた場所や名前などで
正しく入力するのが難しい場合はUBCDフォルダー内まで移動して、
アドレスバーからパスをコピー(または「アドレスをテキストとしてコピー」)、
コマンドプロンプトに張り付ける方法もあります。


UBCDフォルダー内まで移動して
アドレスバーで右クリック、メニューから「コピー(C)」

e63_13a1.png

または「アドレスをテキストとしてコピー(O)」でパスをコピー

e63_13b2.png

コマンドプロンプト上で右クリック、
メニューから「貼り付け(P)」

e63_13c.png

UBCDフォルダーの場所と名前を含めたパスが貼り付けられます

e63_13d.png

5. 処理の実行

必要な入力が出来たらEnterキーを押し、
処理が始まりますのでしばらく待ちます。

e63_14.png

処理が始まると環境によっては下記のメッセージが入ります。

Accessing physical drive: アクセスが拒否されました。
Did not successfully update the MBR; continuing...

管理者権限が無い状態だと入るようです。

e63_14b.png

このメッセージが入っても特に問題は無かったのですが
気になる場合は ubcd2usb.cmd を右クリックのメニューから
「管理者として実行(A)」で実行して作業します。

e63_14a.png

処理が終わると
Bootable UBCD memory stick was successfully created
とメッセージが出るので
起動用USBメモリ作成はこれで完了します。

e63_15.png

USBメモリ内には下の画像のように
データが作成されています。

e63_16.png

今回の作成された容量

e63_17.png

USBメモリでの起動はマザーボードが対応しているほかに
BIOSの設定やブートメニューからの操作が必要だったり
マザーボードの特定のUSBポートに挿さないと
起動できない場合もあるので注意。



▽関連記事
【フリーソフト使用】 Ultimate Boot CD のダウンロードとディスク作製
【自作PC】 HGST製HDDのゼロフィル(物理フォーマット等)の方法
[ 2014/01/19 16:40 ] その他 | TB(0) | CM(2)
SPONSORED LINK
人気ブログランキング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://8cmp.blog.fc2.com/tb.php/63-71395eda

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/08/17 06:31 ] [ 編集 ]
USBブート関連リンク
USBブート関連リンク:

USBブート Windows系システム用 - Windows板 [転載禁止]2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/win/1416409524/


Windows7をUSBブート可能にする方法(dddi.bat+UsbBootWatcher)
http://freesoft.tvbok.com/tips/usb_boot/windows7_dddibat.html

Windows8をUSBブートできる新機能Windows To Goが面白い!Enterprise版のみの提供なんて勿体無い!
http://freesoft.tvbok.com/win8/windows-to-go.html
[ 2015/03/07 18:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
▲ページトップ